宮若市総合トップへ

合併記念ミュージカル

最終更新日:

市民ミュージカル『朱き燃え石~走れアルコ22号時空をこえて~』

宮若市の合併記念イベントのテーマ。それは「旧宮田町と旧若宮町という垣根を越え、自分たちで一つの作品をつくる」こと。そして、「ふるさとを誇れるものしたい」という思い。
そこからスタートした合併記念市民ミュージカルは、市民の皆さんや舞台スタッフなど多くの人に支えられ開幕しました。2日間4公演のの観客動員数は実に1,200人余り。
宮若市発足記念事業市民ミュージカル『朱き燃え石~走れアルコ22号時空をこえて~』、熱気と感動に包まれた公演の様子を少しだけご覧ください。
2006.6.4 マリーホール宮田にて
(2006.6.4 マリーホール宮田にて)

あらすじ

「よみがえれ!アルコ22号、走れ!アルコ22号」宮若小学校の児童が遠足でやってきたのは石炭記念館。そこに展示している蒸気機関車「アルコ22号」の雄姿に魅せられた山下純は、朱く燃える石炭をアルコ22号の口に投げ込む。その時、大きな落雷が襲い、アルコ22号と一緒にタイムスリップの旅が始まる。古墳時代から現代までの千五百年の旅は、一緒にタイムスリップした同級生の青山あゆみと坂上、榊原先生、アルコ22号の元運転士、横田哲夫と妻の郁子の六人で始まる。
危険な目に遭ったり、思わぬ人に遭遇したり、ハラハラ・ドキドキの連続。純たちは、宮田・若宮の歴史を駆けめぐる中で、この土地が培ってきたものや、ここに生きてきた人たちから、たくさんの事を学ぶ。そして、現代の宮若市で生きる自分たちにとって大切な事は何なのか気づきはじめる。
1場:石炭記念館(現代の社会見学)

1場:石炭記念館(現代の社会見学)

2場:竹原古墳

2場:竹原古墳

3場:若宮の山中(宮本武蔵)

3場:若宮の山中(宮本武蔵)

2場:竹原古墳(香弥耶)

2場:竹原古墳(香弥耶)

3場:若宮の山中(宮本武蔵)

3場:若宮の山中(宮本武蔵)

5場:笠松村の峠(菊池六朔)

5場:笠松村の峠(菊池六朔)

6場:大之浦小学校(運動会)

6場:大之浦小学校(運動会)

舞台を支えたボランティアスタッフの皆さん

舞台を支えたボランティアスタッフの皆さん

アルコ22号に乗ってタイムスリップ

アルコ22号に乗ってタイムスリップ

アルコ22号が目覚めるシーン

アルコ22号が目覚めるシーン

来場者数

・第1回公演:平成18年6月3日(土)午後1時30分開演・・・291人
・第2回公演:平成18年6月3日(土)午後5時30分開演・・・308人
・第3回公演:平成18年6月4日(日)午後1時開演・・・303人
・第4回公演:平成18年6月4日(日)午後6時開演・・・313人

公演DVDレンタル

公演の様子をDVDに収録しています。宮若市中央公民館の図書室でそのDVDを貸し出ししています。舞台の臨場感をぜひ体験してください。

資料のダウンロード

このページに関する
お問い合わせは
(ID:446272)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.