宮若市総合トップへ

宮若市・宗像市・トヨタ自動車九州の連携協力がスタートしています

最終更新日:

 宮若市・宗像市・トヨタ自動車九州連携協定

 


平成22年4月2日、トヨタ九州PR館ウイング21にて、宮若市、宗像市、トヨタ自動車九州(株)の3者が連携協力に関する協定書を締結しました。 これまでも、連携協力はありましたが、協定書を締結し、より具体的に連携を行っていくことで、市民の皆さんの協力も得ながら、地域全体の活性化を図ることを目的とします。協定書に掲げた連携協力の項目は下記のとおりです。


(1)青少年育成に関すること
(2)高齢者支援、障がい者支援など福祉に関すること
(3)環境保全に関すること
(4)安全・安心に関すること
(5)産業振興に関すること
(6)文化・スポーツ振興に関すること
(7)その他



 

取り組みがスタートしました

 トヨタ九州からの車椅子の寄贈

 


■やさしい気持ちが形に
  老人施設に車椅子を寄贈
  (平成22年5月24日)


トヨタ自動車九州(株)の従業員の皆さんが集めた空き缶のプルタブとペットボトルのふたを換金して購入した車いす1台が、宮若市磯光の特別養護老人ホーム「照陽園」に寄贈されました。


平成20年から始まった、気軽に参加できるボランティア『ちょボラ(ちょっとしたボランティア)』の一環です。


宗像市へも同年5月28日に車いすが寄贈されています。

  トヨタ九州から寄贈された車椅子

 
■これからの大雨に備えて
  ごみゼロキャンペーンへの参加
   (平成22年5月29日)


トヨタ自動車九州(株)須藤誠一社長をはじめ、従業員の皆さんとそのご家族約30名が、いこいの里“千石”で、ごみゼロキャンペーンに参加しました。


ごみゼロキャンペーンは、梅雨前に遠賀川流域の市町や関係機関が清掃に取り組む「春の遠賀川一斉清掃月間(5月11日から6月10日)」の一環として、宮若市と宮若市環境衛生連合会が実施するものです。


いこいの里“千石”花の水辺公園に集合し、千石自治会の皆さんや市役所職員と一緒に約1時間程度、ごみや伐採された草を集めました。

 

 トヨタ九州ごみゼロキャンペーンへの参加

 

協定前にも地域貢献の取り組みがありました

 アルコ22号修復後集合写真

 


平成20年度、世界同時不況の影響から、トヨタ自動車九州(株)は一時減産体制に入りました。このことを一つのきっかけに、会社を挙げてボランティア活動に取り組みました。宮若市内では、竹林の伐採や石炭記念館にあるアルコ22号の塗装などを行っています。

 アルコ22号修復作業の様子



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:446155)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.