宮若市総合トップへ

伐採および伐採後の造林の届出等の制度

最終更新日:

森林には木材生産機能だけでなく、水をはぐくみ山崩れなどの災害を防ぐ機能のほか、地球温暖化防止など、さまざまな機能を持っていて、国民共有の財産です。

しかしながら、無許可及び無届出の森林伐採も現実に行われており、しかも、伐採された跡地は、植林されないまま放置されているケースが多くなっています。
このような状況では、適正な森林管理ができず、市民の生活がおびやかされることにもなりかねません。私たちの未来のために、私たちの子孫のために、森林の伐採には届出が必要です。


保安林の伐採の場合

保安林を伐採する場合は、森林法第34条に基づく保安林の伐採許可等の手続きが必要です。詳しくは飯塚農林事務所林業振興課にお問い合わせください。

地域森林計画区域内の普通林伐採の場合

保安林を除く民有林のうち、地域森林計画で定められた区域内の森林で立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務づけらています。
また、伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務づけられています。(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。)
伐採を行う場合は、市役所農政課に届出を行ってください。
※地域森林計画で定められた計画区域については、市役所農政課にお問い合わせください。

提出期間

(1)伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を開始する90日前から30日前まで
(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日から30日以内

届出・報告書の様式

(1)伐採及び伐採後の造林の届出

(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告

伐採後の植栽

・保安林は、2年以内に植栽の義務があります。
・普通林は、森林整備計画に基づいて2年以内に植栽するよう決められています。

罰則

提出をおこたると、森林法により下記の罰則が科せられます。
(1)伐採及び伐採後の造林の届出:100万円以下の罰金(森林法第208条)
(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:30万円以下の罰金(森林法第210条)

用語解説

保安林
森林は木材を供給するだけでなく、水をはぐくんだり、災害を未然に防いだり、心に安らぎや潤いを与えるなどの大切な働きがあり、こうした森林の中でも特に重要な役割を果たしているものは「保安林」として指定し、常にその指定の目的を果たすことができるようにしています。
民有林
国有林以外の森林のこと。
地域森林計画
地域森林計画は、森林法第5条により、知事が民有林を対象に5年に1回のペースでつくる10年計画のこと。
地域森林計画区域
地域森林計画の対象となってる区域のことで、宮若市の区域は飯塚農林事務所林業振興課及び市役所農政課で確認いただけます。

農林事務所の窓口

〒820-0004
飯塚市新立岩8-1  飯塚農林事務所 林業振興課
代表電話:0948-23-4111
直通電話:0948-21-4966
このページに関する
お問い合わせは
(ID:446012)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.