宮若市総合トップへ

農地の売買、賃借等申請許可手続 【農地法第3条手続き】

最終更新日:

農地を耕作する目的で所有権の移転や、賃借権、使用貸借権等の権利を設定する場合には、農地法第3条の規定に基づく農業委員会の許可が必要です。                                                                 この許可を受けないでした行為は無効となります。

 

農地法第3条の主な許可基準

農地法第3条に基づく許可を受けるには、次のすべてを満たす必要があります。
 

全農地効率利用要件

申請農地も含め、所有している農地や借りている農地のすべてを効率的に耕作すること
 

農作業常時従事要件

申請者または世帯員等が農作業に常時従事すること
 

下限面積要件

申請農地を含め、耕作する農地の合計面積が下限面積以上であること
※経営面積があまりに小規模だと生産性が低く、農業経営が効率的かつ安定的に継続して行われないと想定されることから、許可後に経営する農地面積が一定(都府県:50a、北海道:2ha)以上でなければ農地法第3条の許可ができないという要件です。
宮若市農業委員会では官内の下限面積を次のように定めています。
1.宮若市のうち、旧若宮町の全区域、及び旧宮田町の一部(芹田、下有木、上有木、飯之倉、四郎丸、倉久、内山):50a
2.1.以外の旧宮田町の区域:40a
※平成21年12月15日に改正された農地法により、下限面積の設定権限が農業委員会に委譲されています。 
 

地域との調和要件

申請農地の周辺の農地利用に影響を与えないこと

※農業生産法人:その法人の主な事業が農業であること、農業者が中心となって組織されていることなどの農地法第2条第3項の要件を満たす法人をいいます。
 

農地法第3条許可事務

 宮若市農業委員会は農地法第3条許可の事務処理について、申請書の受付(締切日)から許可書交付までの標準処理期間を3週間と定めています。
 

申請書の受付締切日

毎月20日(土日の場合前日まで)
 

農業委員会定例総会

毎月10日(土日の場合前後)
 

申請書類

農業委員会事務局窓口もしくは申請書(農業委員会)のページからダウンロードできます。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:445691)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)
Fax:0949-32-9430

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.