宮若市総合トップへ

新型コロナウイルスワクチン接種

最終更新日:
新型コロナウイルスワクチンの接種は、現在以下のとおりで実施しています。

市内接種医療機関では、原則として1回目と2回目をセットで予約受付していますので、2回目のみ接種を希望される人は、市へご連相談ださい。

 
ワクチンの保有状況によっては、接種スケジュールを変更する場合があります。
接種を希望される場合は、早めの予約をお願いいたします。
 

12~15歳までの人(1回目未接種の人)

●宮田病院(本城)
 予約受付時間:午前9時から正午まで、午後2時から5時まで
 ※木曜日、土曜日は午前中のみ 日曜日・祝日は受付不可
 予約電話:070-7431-7266
 

 1回目の接種日程(2回目の接種は1回目接種日の3週間後)

 11月27日(土曜日)
 12月18日(土曜日)
 1月8日(土曜日)、29日(土曜日)
 2月2回目のみ

※接種時間は全日程午後1時からです

 

●尾上小児科(宮田)

 予約受付時間:午前8時30分から正午まで、午後2時から5時30分まで

 ※火曜は午前のみ

 予約電話:32-0084

 

  1回目接種日程(2回目の接種は1回目接種の3週間後)

 12月3日(金曜日)、24日(金曜日)
 1月14日(金曜日)
 2月4日(金曜日)

 

 

16歳以上の人(1回目未接種の人)

●有吉病院(上有木)

 予約受付時間:午前10時30分から12時30分まで、午後2時から4時まで

 予約電話:090-2504-7454

 接種日程は、火曜日の午後です。(2回目の接種は1回目接種の3週間後)。詳細は予約時にお尋ねください。


または、福岡県が実施する福岡県新型コロナワクチン接種別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご検討ください。


 

このページの目次

接種当日に持参するもの

・市が発送した接種券
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
・予診票(当日までにご記入ください)
 ※治療中の疾患がある人は、事前にかかりつけ医にご相談の上、接種会場へお越しください。
 ※当日は、すぐに肩を出せる服装でお越しください。
 ※接種会場には、マスクを着用のうえお越しください。
 

接種費用

無料
※行政機関をかたった「なりすまし」にご注意ください。市がワクチン接種のために、電話やメールで金銭や個人情報を求めることはありません。
 

接種券の再発行

接種券の紛失・破損、市内転居等による接種券の再発行の申請は、窓口及び郵送にて行います。
郵送の場合は、ワード 接種券再発行申請書 別ウィンドウで開きます(ワード:36.5キロバイト)に記入し、返信用封筒(84円切手を貼る)を同封し下記まで郵送してください。
〒823-0011 宮若市宮田29番地1 宮若市役所 健康福祉課 健康対策係あて

 

住所地外接種

新型コロナワクチンの接種対象者は、原則、住民票所在地の市町村で接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している人は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことにより、接種を受けることができます。
 ●住所地外接種届の申請が必要ない人
 ・入院中もしくは施設入所者
 ・基礎疾患のある人が主治医の下で接種を受ける場合
 ・被災して避難している人
 ・拘留または留置されている人、受刑者

 ●住所地外接種届の申請が必要な人
 ・出産のために里帰りしている妊産婦
 ・単身赴任者
 ・遠隔地へ下宿している学生
 ・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者など
 

申請方法

住所地外接種を希望する人は、原則接種を行う医療機関が所在する市町村に、事前に届出を行う必要があります。
ワクチン接種当日は、「接種券(あれば予診票も)」、「住所地外接種届出済証」、「本人確認書類(運転免許証や健康保険証等)」を持参し、ワクチンを受けてください。

 ●郵送申請
(1)「ワード 住所地外接種届 別ウィンドウで開きます(ワード:17.5キロバイト)」を記載し、「接種券の写し(コピー等)」及び「返信用封筒(84円切手を貼る)」を添付して接種を行う医療機関等が所在する市町村に郵送してください。
 宮若市の医療機関で接種する場合の郵送先
 〒823-0011 宮若市宮田29番地1 宮若市役所 健康福祉課 健康対策係あて
(2)市町村から住所地外接種届出済証が交付されます。 
 
●窓口申請
(1)接種を受ける医療機関所在地の市町村の窓口に「ワード 住所地外接種届 別ウィンドウで開きます」及び「接種券(または接種券の写し)」を提出してください。
  宮若市の医療機関で接種する場合の申請窓口
  〒823-0011 宮若市宮田29番地1 宮若市役所 健康福祉課 健康対策係あて
(2)市町村から住所地外接種届出済証が交付されます。
 

接種済証明書

新型コロナウイルスのワクチンを接種した人は、以下により接種済であることを示すことができます。
(1)医療従事者の場合は「新型コロナワクチン接種記録書」
(2)医療従事者以外の人は「接種用クーポン券」の台紙に附属している「新型コロナワクチン予防接種済証(臨時)」
ただし、医療従事者の人で、宮若市が発行する接種済証が必要な人に対しては、申請により証明書を発行します。
また、医療従事者以外の人が、「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」を紛失した場合においても、申請により、証明書を発行します。
いずれの場合も、宮若市に住民票がある人のみが対象となります。
 

申請に必要な書類

(1)医療従事者が申請を行う場合
 ・ワード 接種済証明願 別ウィンドウで開きます(ワード:19.8キロバイト)
  ※PDF 記入例(医療従事者) 別ウィンドウで開きます(PDF:161.1キロバイト)
 ・新型コロナワクチン接種記録書の写し
 ・身分証明書(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)の写し
(2)医療従事者以外の人が申請を行う場合(※接種証明書を紛失した場合に限る)
 ・ワード 接種済証明願 別ウィンドウで開きます(ワード:19.8キロバイト)
  ※PDF 記入例(医療従事者以外) 別ウィンドウで開きます(PDF:100.3キロバイト)
 ・身分証明書(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)の写し
 

申請方法

窓口または郵送で申請してください。
【窓口での申請の場合】
宮若市役所 健康福祉課健康対策係(1階・10番窓口)
  平日 午前8時30分から午後5時15分まで
  (土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み) 

 

 【郵送での申請の場合】
※返信用に返信用封筒(切手を貼付したもの)を同封してください。

 〒823―0011

 福岡県宮若市宮田29番地1

 宮若市役所 健康福祉課健康対策係 宛 

接種証明書(ワクチンパスポート)の発行

新型コロナウイルスワクチン接種を受けた人で、海外へ渡航する人を対象に、申請により発行します。
 

対象者

以下の条件にすべて該当する人

1.宮若市発行の接種券を使用して新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた人(接種時に宮若市に住民票があった人)

2.海外渡航の予定がある人

※以下の人は対象になりません。

・接種を受けていない人

・予防接種法の対象外となる人

(在外日本人一時帰国者、米軍接種を受けた在日米軍従事者、ワクチンの輸入等で接種した人、国内治験参加者)

なお、海外渡航予定がない人は接種券に添付されている「予防接種済証(接種会場で接種時にシール添付)」が予防接種の証明となります。接種後は大切に保管してください。
 

※海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧は、外務省海外安全ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。

 

  

申請方法

窓口または郵送で申請してください。

※証明書の発行までは、申請してから1週間から10日ほどを予定しています。書類に不備があった場合、発行までに時間を要する場合がありますのでご了承ください。

 

必要書類

【必須】エクセル 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書 別ウィンドウで開きます(エクセル:19.9キロバイト)

【必須】有効期限内の旅券(パスポート)(の写し)

※旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名が確認できる書類も必要です

【必須】接種券(接種済証)または接種記録書(の写し)

【必須】本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)(の写し)

  ※氏名と送付先住所が記載されたもの


【代理人による申請の場合、追加で必要なもの】

PDF 委任状(接種証明書) 別ウィンドウで開きます(PDF:55.3キロバイト)

  ※代理人による申請の場合、同一世帯員でも必要です
 
【郵送申請の場合、追加で必要なもの】

○返信用封筒

  ※切手を貼付し、本人確認書類と同一の氏名・住所を必ず記載してください

 

申請書の提出先

【窓口での申請の場合】
宮若市役所 健康福祉課健康対策係(1階・10番窓口)
 ※平日 午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み)

 【郵送での申請の場合】

〒823―0011

福岡県宮若市宮田29番地1

 宮若市役所 健康福祉課健康対策係 宛


ワクチンについて

ワクチンの特徴

ワクチンごとの情報は、厚生労働省のホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)にて随時更新されていますので、ご参照ください。

 

 

ワクチンの有効性

新型コロナウイルス感染症の発症を予防します。
ワクチンを接種した人は、接種していない人よりも新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないことが分かっています。
なお、このワクチンで十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けて、7日程度経ってからとされています。
 

ワクチンの安全性

主な副反応は、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部位の痛み、疲労、寒気、発熱などがあります。また、まれに起こる重大な副反応として、アナフィラキシー(急性のアレルギー反応)などがあります。
本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでにあきらかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医または、かかりつけ医に相談してください。治療を要したり、障がいが残るほどの副反応は極めて稀ですが、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済の対象です)
 

予防接種健康被害救済制度

一般的にワクチン接種では、副反応による健康被害(医療機関で治療を受けたり障害が残ったりすること)が極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種によって、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、現在の救済制度の内容
 

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。接種を受ける人は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方を理解した上で、

自らの意志で接種を受けることになります。受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。

また、職場で全員に必ず接種するよう求めたり、周囲に接種を強要したりすることのないようお願いします。


問い合わせ先

宮若市の接種体制や集団接種予約に関する問い合わせ先

○宮若市役所 健康福祉課 健康対策係 

電話 0949-32‐1177(平日 午前8時30分から午後5時15分まで)

 

副反応など医学的知見が必要な専門的相談

○福岡県新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル

電話 0570-072‐972(24時間体制、土曜日・日曜日・祝日も実施)

 

ワクチン接種全般に関する問い合わせ先

○厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話 0120-761‐770(午前9時から午後9時まで、土曜日・日曜日・祝日も実施)

 

関連リンク

このページに関する
お問い合わせは
(ID:447966)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)
Fax:0949-32-9430

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.