宮若市総合トップへ

不妊治療費助成事業を行っています

最終更新日:
宮若市では平成31年4月から、不妊治療を行う夫婦の経済的負担軽減を図るため、不妊治療の助成を実施しています。
 

助成内容

 特定不妊治療

対象となる治療:体外受精・顕微授精  
    

一般不妊治療

対象となる治療: 特定不妊治療以外の不妊治療
※以下の費用は助成の対象となりません
・医療保険各法に規定する入院時食事療養費
・文書料及び個室料等の不妊治療に直接関係のない費用
・不妊治療を伴わない不妊症を診断するための検査費用
  

対象者

下記の1から4までのすべてに当てはまる夫婦
1.医師により不妊と診断され不妊治療を受けている夫婦
2.夫婦ともに治療の最初の診療日より前1年以上の期間継続して宮若市の住民であること
3.夫婦ともに市税等の滞納をしていないこと
4.治療の開始日における妻の年齢が43歳未満であること


助成金

特定不妊治療

一回あたり上限15万円 
※助成を受けられるのは、「福岡県不妊治療費助成制度」による助成を受けた人のみです。県からの助成金額を控除した額を助成の対象とします。
 

一般不妊治療

年度内(4月1日から翌年3月31日まで)で上限3万円
※高額医療費等の助成制度を受けている場合は、その助成額を控除した額が対象です。
  

助成回数

特定不妊治療

治療開始時の妻の年齢が40歳未満の場合は通算6回まで(43歳までの間、県で受けた回数を含む)、40歳以上43歳未満の場合は通算3回まで(43歳までの間)
 

一般不妊治療

1年度につき1回の申請(4月から翌年3月までの間に要した治療費)で、助成の回数は通算3回まで

  

申請期限

特定不妊治療:治療が終了した日または中止した月の末日から1年以内
一般不妊治療:1年度毎(4月1日から翌年3月31日まで)

申請手続について

1.必要書類の準備

申請に必要な書類は保健センターパレットにてお渡しします。(不妊治療費助成事業医師証明書はホームページからもダウンロードできます)
〈申請時に必要な書類〉
(1)特定不妊治療
・宮若市不妊治療費助成金交付申請書
・福岡県発行の「不妊治療費助成承認決定通知書」
・治療期間中の領収書・明細書(指定医療機関発行)
・申請者名義の振込指定口座の通帳コピー
・その他市長が必要と認める書類
(2)一般不妊治療
・宮若市不妊治療費助成金交付申請書
・宮若市不妊治療費助成事業医師証明書
・治療期間中の領収書・明細書
・申請者名義の振込指定口座の通帳コピー
・その他市長が必要と認める書類)
※印鑑・本人確認ができるもの(運転免許所など)をお持ちください



2.申請手続き

 必要書類を保健センターパレットまでお持ちください。申請者は夫婦どちらでもかまいません。口座の名義は申請者名となります。
 

3.審査

健康福祉課で審査し、その後「助成金交付決定・却下通知書」を郵送します。
 

4.振込み

対象者には、指定の口座に振り込みます。
※申請から金額の振込まで約2か月程度を予定しています。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:447223)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.