宮若市総合トップへ

平成29年度 市長の動き

最終更新日:
 

平成29年4月

雨雲を蹴散らし、元気にフィールドを駆ける姿に感動。

サッカー

4月8日~9日、西鞍の丘総合運動公園芝生フィールドで、第6回福岡ふようライオンズジュニアサッカー大会が開催されました。

県内外から64チームが参加という、大変大きな大会となりました。

雨が降る中での開会式となりましたが、子どもたちの元気が雨雲を吹き飛ばしたのか、大会が始まる頃には小雨になり、翌日9日の決勝トーナメントは好天に恵まれました。

今年の優勝は「油山カメリア」さんでした。おめでとうございます。

参加された皆さん、大変お疲れ様でした。また来年お会いできるのを楽しみにしています!!

 
 

トヨタスプリングフェスタ開催。

体操
会場
追い出し猫体操追い出し猫、桜ちゃんとのふれあいも。

4月9日、トヨタ自動車九州スプリングフェスタが開催されました。

会場ではトヨタ車のテストコース同乗体験や試乗体験会、お笑いライブ、熊本県のPRなど、多くの催しに賑わっていました。

宮若市の地域PRイベントでは、追い出し猫桜ちゃんらと協力し、「定住奨励金」や「光陵WONDER!GARDENS」の紹介をさせていただき、一緒に追い出し猫体操を頑張りました。


 

「この世界の、本当の話」 白熱の演技に感動。レインボーカンパニー定期講演。

あいさつ
舞台
市長あいさつ最後に、全員で「輝くふるさと」を歌いました。

4月9日、劇団宮若レインボーカンパニーの第11回定期公演 ミュージカル「この世界の、本当の話~世界をめぐるアーリョの旅♪~」が開催されました。

小学2年生から社会人まで、26人のキャストが熱演。

「騙しあったり、奪い合う必要なんてない。心配することなんて、初めからない。この世界は、本当は、あきれるほど豊かなのだから。ほんの少し分かち合うことができれば良いのだ。それに気づいた幼い女王は、戦争を止めさせ、国民の幸せを守ったのでした・・・。

白熱の演技に、とても感動しました。

 

福津市から嘉麻市へ。全国に誇れる消防学校が完成。

テープカット
展示訓練
テープカットの様子展示訓練が行われました。

4月10日、老朽化が進んでいた福津市の消防学校が、嘉麻市の旧県立嘉穂工業高等学校跡地に建設されたため、その完成式典に参加しました。

屋内訓練場や水難救助訓練施設、一般住宅の火災を想定した訓練用施設、女性の訓練にも配慮された宿泊施設などを備えており、災害発生時には防災拠点としての役割を果たします。今月から新規採用された消防署員たちが入校され、厳しい訓練に取り組まれるそうです。


 

釣果はいかがでしたか?

ダムあいさつ
つり様子
市長あいさつ大物の当たりを待つ参加者

4月16日、力丸ダムでふれあい釣り大会が開催されました。

力丸ダムの豊かな自然に親しみながら釣りを楽しんでいただき、問題となっている外来魚のブラックバスやブルーギルなどの外来魚の駆除も併せて行うことができれば、と、始まったこの大会。今年で15回目となり、すっかり春の風物詩となっています。


 

宮若市立小中一貫教育校がスタートしました

児童
あいさつ
式に臨む児童たち市長あいさつ

4月22日、宮若市立宮若西小学校の開校式が開催されました。

若宮、笠松、吉川、山口、若宮西、5校を再編し誕生した宮若西小学校は、宮若西中学校との小中一貫教育校としてスタートしました。

4月12日に行われた入学式では82人の新一年生を迎え、児童総数は525人。

各学年は3クラスずつです。

これまで、それぞれの小学校で築かれてきた精神と伝統を大切に、新たな歴史を刻んでいって欲しいと思います。

 

快晴のもと、快音が鳴り響いていました。

始球式
試合
始球式九州大学対北九州大学

九州六大学野球連盟春季リーグ戦が4月18日から、福岡県内6つの球場で熱戦が繰り広げられていますが、そのうち6試合が光陵グリーンスタジアムで行われます。

快晴に恵まれた4月29日(祝)の第1試合前に、始球式に参加させていただきました。

始球式後、しばらく観戦させていただきましたが、観客席の応援の様子、試合の様子など、大変迫力のあるもので、楽しませていただきました。 

 

5月

大切に活用させていただきます。 飯塚信用金庫より図書カードを寄贈いただきました。

いいしん

5月10日、飯塚信用金庫の理事長である緒方隆博さんより、宮若市へ図書カードの寄贈をしていただきました。

毎年継続的に行ってくださっており、今年で25回目になります。

市立図書館やハートフル図書室、各小中学校の本の購入に活用させていただきます。

  

快晴のもと、力強く駆ける姿に感動しました。 中学校体育祭

選手宣誓
応援合戦
西中学校選手宣誓の様子東中学校、応援合戦

快晴に恵まれ、爽やかな初夏の陽気が感じられた5月21日、市内中学校2校の体育祭を見せていただきました。

西中学校は小中一貫校になって初めての体育祭でした。息の合った入場行進など、この日に向けた練習の積み重ねがとてもよく伝わりました。

東中学校では、応援合戦の審査員を務めさせていただきました。どのブロックも、趣向を凝らした素晴らしい演技で、練習の成果をよく発揮しており、優劣をつけられないほどでした。


シニアゴルフ日本一を決める大会が行われます

ゴルフ

9月14日から4日間、「第27回日本シニアオープンゴルフ選手権が、宮若市で開催されます。それに先立ち、5月31日に、日本ゴルフ協会の山中博史専務理事(写真右)が表敬訪問に来られました。

賞金総額8,000万円、優勝賞金1,600万円という大きな大会です。

大会会場となるザ・クラシックゴルフ倶楽部の松永象二呂支配人(写真左)も、コースのバンカーを増設したり、樹木を伐採したりするなど、大規模なコース整備を行ったことに触れ、大会成功に向けた意気込みを語ってくださいました。

この大会を機に、宮若市の魅力を全国に発信していきたいと思います。


 

6月

たくさんの皆さんに宮若のホタルを観ていただきました

竹灯篭
ほたる会場
黒水宮前に設置された幻想的な竹灯篭たくさんの出店に賑わいました

豊かで美しい水が自慢の宮若市では、5月から各地でたくさんのホタルが飛び交う様子が見られます。

6月3日、旧吉川小学校グラウンドをメイン会場に、第16回宮若ほたる祭が開催されました。

会場はたくさんの出店が並び、市内外から多くの人で賑わい、ステージでは数々の催しが行われていました。

ホタルが鑑賞できる黒水宮には竹灯篭が飾られ、幻想的な雰囲気が演出されました。

豊かな自然は宮若市の大切な財産であると、再認識できる催しでした。

 

剣士たちの気迫に圧倒されました

剣道試合
開会式
気合いの声と俊敏な動きに惹きつけられました開会式の様子

梅雨本番、外は小雨の降る6月25日、宮若市柔県道場にて第4回直鞍少年剣道大会が開催され、直鞍地区の道場に通う小学生から中学生までの少年剣士120人超が、日ごろの鍛錬の成果を競いました。

試合の様子を観覧させていただきましたが、少年と云えど気迫こもる勝負の様子は緊張感があり、見事に1本が決まった場面では思わず歓声が出るほどでした。

皆さん、これからも厳しい練習に耐え、技量の向上を目指していただきたいと思います。

 

手入れの行き届いた見事なあじさいでした

あじさい
散策
色とりどりのあじさいが歓迎してくれました来場のお子さんとのふれあいを楽しみながら鑑賞しました

6月5日、小原地区で行われたあじさい祭りに伺いました。

自治会、組合、若生会、婦人会の皆さんが協力され、小原地区の農道、用水路の法面1.5キロに渡り、2千本のあじさいを植栽、手入れをされているそうです。

時折降る小雨がまた趣深く、色とりどりのあじさいを引き立てていました。

公民館では農産品などの販売が行われるなどの催しがあり、また、小原地区の皆さんから心づくしのおもてなしをいただき、心温まる時間を過ごさせていただきました。

 

7月

カナダ研修5期生が出発しました

発表

集合

力強く抱負を語ってくれました

5期生と市長、副市長、教育長

2017年度グローバル人材育成プログラム「カナダ研修」の出発式が7月31日に市役所で行われました。今回は第5期生になります。
宮若市から選抜された5人の皆さんは、高校生1人、中学生4人で全員が元気で溌剌とした女子です。4回の事前研修を経て、じっくりと準備を進めてきました。
5人それぞれが、「一回りも二回りも成長して帰ってきます!!」と力強く抱負を語ってくれ、とても頼もしく、嬉しく感じました。
元気にカナダへ向け旅立った5期生のみんなを応援してください!

8月

シニアオープンゴルフ、開催に向けて準備万端

ゴルフ
第27回日本シニアオープンゴルフ選手権の開催に先立ち、8月1日、公益財団法人日本ゴルフ協会の竹田恆正会長、関係者の皆様が、宮若市役所を訪問してくださいました。
会場となるザ・クラシックゴルフ倶楽部の谷水社長によりますと、コースの整備も整い、ボランティアスタッフの登録は280人を超え、開催に向けた準備は順調とのことです。
往年の名プレイヤーによる熟練の技術を、間近に見ることのできる絶好の機会です。皆さん、是非会場へ足を運んでいただければと思います。大会は、9月14日(木)から17日(日)の4日間です。
(写真左から)谷水利行タニミズ企画株式会社代表取締役社長、有吉市長、竹田恆正(公財)日本ゴルフ協会会長、徳永秀之ザ・クラシックゴルフ倶楽部理事長、山中博史(公財)日本ゴルフ協会専務理事
 

被災地のためにできることを

義援金

8月4日、東中学校生徒会、西中学校生徒会、西小学校児童会の皆さんが、市役所を訪問してくださいました。

7月に起きた九州北部豪雨の被災地のために、少しでも役に立ちたいと、生徒会が中心となり、猛暑の中、市内各地で募金活動を行ったそうです。
西中学校、西小学校からの募金は新聞社を通して救援金として、東中学校からの募金は共同募金会を通して、それぞれ大切に被災地へ送られます。

 

九州大会出場おめでとう。応援しています!!

テニス
8月4日、東中学校ソフトテニス部の皆さん9人が、団体で九州大会出場を決めた報告に、市役所を訪問してくださいました。
真っ黒に日焼けした元気な姿に、毎日の厳しい練習に耐え技術を磨いてきた様子が伝わってきました。
九州大会は、熊本県熊本市で8月8日に開会式を迎え、9日に団体戦が行われます。
皆さんの納得のいくプレーができ、良い報告が聞けることを楽しみにしています!!
 

一日も早い復興を願って。

朝倉市被災地添田町
朝倉市鶴田総務部長へ義援金を手渡す有吉市長と田代宮若市職労委員長まだ手付かずの被災建物が多く見られました被災の状況を詳しく説明してくださった寺西添田町長
九州北部豪雨の被災地を支援するため、直鞍消防本部より消防署員、宮若市役所職員の現地派遣など人的支援のほか、8月10日には朝倉市、添田町へ宮若市職員互助会からの義援金を届けてきました。朝倉市へは、宮若市職員労働組合からも義援金をお渡ししました。
市役所に向かう途中の幹線道路沿いでも、被災されたままの倒壊家屋が所どころに見られ、がけ崩れで全面通行止めの道路もあり、災害の恐ろしさを目の当たりにしました。両市・町からはお忙しい中、被災状況を詳しくご説明いただきました。災害に強いまちづくりの重要さを再認識しました。

 

WONDER!GARDENS  街びらき たくさんの人で盛り上がりました

テープカットモデルハウス会場

テープカットの様子

モデルハウス見学やウォークラリーなどが行われました

 続々と新築の家が建ち並びつつあり、活気にあふれている光陵住宅団地、WONDER! GARDENSですが、8月19日から20日の2日間にわたり、街びらきが開催されました。当日は酷暑にもかかわらず、2日間で1,000人を超える来場者で賑わい、子どもたちはスタンプラリーやかき氷、ステージショーを楽しんでいました。また、ハウスメーカーによるモデルハウスの見学も行われ、これから家を建てられる方の参考にしていただけたようです。
 現在、第三期分譲を行っているところで、順調に申し込みをいただいています。
 まだご覧いただいてない皆さんも、一度この美しい町並みを是非見にいらしてくださいね。

9月

宮若市の特産品を広く知っていただく機会でした

フェア1たま

たくさんの来客に賑わいました

追い出し猫「たまちゃん」も商品PR

9月9日~10日の2日間、イオンモール福津で「宮若市いきいきフェア」が開催されました。

新米、ブドウ、栗など旬の農産物や、お酒、お菓子、卵などの特産品が、宮若じまん振興会、宮若市認定農業者連絡協議会の皆さんによってPRされていました。

会場では追い出し猫の「たまちゃん」もお手伝い。訪れた子どもたちを喜ばせていました。

宮若市の良質で美味しい特産品が、より多くの方に認知され、愛されてほしいと思います。

 

幼くとも迫力ある競技を見せていただきました

柔道2柔道1

男の子も女の子も力いっぱい競技していました

開会式の様子

9月9日、宮若市柔剣道場で「第12回宮若市青少年柔道大会」が開催されました。

幼児から中学3年生までの男女82人が参加し、日ごろ培ってきた技量をぶつけあいました。
柔道人口が減少傾向にある中、今大会も昨年と比較し若干の減少があったそうです。

日本古来の技芸。幼くとも、真剣に競技する姿は迫力に満ちており、清々しい気持ちになりました。より多くの人に触れていただきたいと思いました。

 

地域の先達として、これからもより一層のご活躍を

脇田
9月10日、脇田自治会敬老会にお招きいただきました。
90歳を超えてもお元気に農機具を乗りこなし、稲作に励んでおられる方もおられ、人生の後輩として元気をいただきました。
これからも地域の先達として、より一層のご活躍を願っています。
 

日本シニアオープンゴルフ たくさんのギャラリーで賑わう4日間になりました

シニア2シニアシニア3

マークセン選手に新米を贈呈

優勝者記念撮影

熟練のショット風景

9月14日から18日にかけて、倉久の「ザ・クラシックゴルフ倶楽部」で「第27回日本シニアオープンゴルフ選手権」が開催されました。
台風の関係で、17日の日程が延期になるなど不安もありましたが、4日間で7,000人の来場者に賑わい、往年のスター選手のプレーを楽しんでいました。
また、会場では宮若市のお米のプレゼントや果物などが当たる抽選会を行い、県内外から訪れた皆さんに喜んでいただくことができました。
優勝したプラヤド・マークセン選手には、宮若市の新米を贈呈しました。
 

10月

福岡県市長会、九州市長会に出席しました

九州市長会
 10月10日、みやま市のマイピア高田にて第133回福岡県市長会が開催され、出席しました。
総会では、都市財政の拡充強化や学校教育の充実、少子化対策・次世代育成施策等の充実など、重点課題である10議案について協議を行いました。
また、10月12日には大分県佐伯市において第121回九州市長会が行われ、総会では九州各県から提出された国に対する要望事項14項目について、協議が行われました。
 

スポーツを通して楽しく健康づくりと交流を深めました 宮若市スポーツフェスタ2017、日吉地区スポーツフェスタ

少年の主張1スポフェス日吉スポフェス

開会式あいさつ

市民交流アジャタ

日吉地区スポーツフェスタの一場面

10月15日、宮若市スポーツフェスタが開催され、宮若東中学校体育館で行われた開会式に出席しました。
残念ながら、天候の都合で屋外競技は中止となってしまいましたが、市内各会場でソフトバレーボール、卓球、バドミントン、フライングディスク、市民交流アジャタなど、たくさんの屋内競技が行われ、世代や地域を超えた交流を楽しんでいました。
同じ日、日吉区自治会でも第7回目となるスポーツフェスタが行われ、ご挨拶をさせていただきました。地域の皆さんによる温かなふれあい競技を参観し、楽しませていただきました。
 

今年もたくさんの人で賑わいました 宮若ふるさと祭2017

ふるさとまつり2うまい米ふるさと祭

お楽しみ抽選会の様子

うまい米コンクール表彰式

来場してくださった方と記念撮影

10月29日、毎年恒例の宮若ふるさと祭2017が西鞍の丘総合運動公園で開催されました。
公務の都合により、少し遅れての到着となってしまいましたが、心配していた天候も何とか持ち直し、何よりでした。
会場では、保育園児たちやレインボーカンパニーによるステージイベントや、宮若市内外の皆さんによる出店で盛り上がりました。
お楽しみ抽選会では、最新ゲーム機に子どもたちが歓声を上げていた様子には本当に驚きました。
今年もたくさんの方に来ていただき、楽しんでいただけたようです。
 

11月

 芸術の秋を堪能できた2日間でした 宮若市文化祭

文化祭文化祭2

一つひとつじっくり鑑賞しました

たくさんの力作が並びました

11月4日から5日まで、宮田文化センターとマリーホール宮田で宮若市文化センターが行われ、オープニングでごあいさつさせていただきました。
文化センターでは東中学校吹奏楽部の皆さんの演奏を皮切りに、詩吟や舞踊などのステージ発表が行われ、マリーホールでは会場から溢れんばかりのたくさんの書画、生け花などの作品展示がなされ、約800人の方が訪れたとのことです。
日頃の芸術や文化活動の成果を発表する集大成の場です。楽しく鑑賞させていただきました。
 

それぞれの思い、頼もしく聞かせていただきました 少年の主張大会

少年2しょうねん

大きな会場で堂々と発表していました

宮田東小学校 𠮷村秀平さん

11月12日、マリーホール宮田で平成29年度少年の主張大会が開催されました。
夏休みの宿題として、自由なテーマで綴られた作文の中から、優秀賞として表彰された作品を発表していただくもので、市内の小・中学校から1人ずつ、8人がステージでそれぞれの思いを伝えてくれました。
「自分たちは宮若の財産」「九州北部豪雨災害で、自分にできることは何か」「いじめのないすてきな学級にするためにはどうしたらいいのか」「戦争のない世界にするためには」など、身近な出来事を通し、子どもたちの柔らかな感性で様々な思いが語られ、とても頼もしく感じながら聞かせていただきました。
 

農事組合法人竹原営農さんが、県から表彰されました

竹原
11月17日、農事組合法人竹原営農さんが市長室を訪問してくださいました。
第21回福岡県農林水産まつりが福岡市のアクロス福岡で開催され、農林水産賞の優秀賞を受賞されたとのことです。
農業の組織化に取り組み、「わざあり米」のブランド化、若手や中堅の後継者育成、畜産農家との連携による土づくりなど、多岐にわたる功績が評価されました。
今後ますますのご活躍に期待しています。
 

池崎武丸さん(脇田)が、緑綬褒章を受章されました

池崎
池崎武丸さん(脇田)が、環境美化奉仕者としての功績を認められ、平成29年秋の褒章で緑綬褒章を受章され、11月21日、その報告に市長室を訪問してくださいました。
平成19年・平成27年には国土交通大臣表彰、昨年には環境大臣表彰を受賞され、今回の受章となりました。
昭和40年から50年以上、道路のボランティア清掃活動を続けてこられ、現在も週に一度の活動を継続されています。
長きにわたるご活躍に、心から敬意を表します。
 

 「自分たちの地域は自分たちで守る」自助、共助の精神を大切に 防災訓練

ミニ防災中地区中ブロック

ミニ防災訓練にて

消防服を着て放水訓練

救命方法を学ぶことができました

「自分たちの地域は自分たちで守る」という自助、共助の精神のもと、11月25日、宮若市ボランティア連絡協議会の主催でミニ防災運動会が中央公民館若宮分館で行われました(写真左)。消防署員の皆さんにご協力いただき、運動会の競技という感覚で、災害時の搬送方法や大声を出すことの大切さなどを学ぶことができる取り組みでした。
また、11月26日には、中ブロックの地域防災訓練が旧若宮西小学校グラウンドで開催されました(写真中、右)。消防団、消防署、広消会(広域消防OB)の皆さんのご協力のもと、搬送方法や消火器の使い方を学んだり、火災時の煙の怖さを体験するなど、楽しみながら自助、共助の大切さを考えることができたと思います。
 

宮若市全体で手を携えながら、安全・安心なまちに   宮若市歳末安全・安心住民大会

安全安心1

出発

市長あいさつ

出発式の様子

11月30日、宮田文化センターで宮若市歳末安全・安心住民大会が開催されました。
近年、大規模災害が多く発生している中で、いつどこで起きるか分からない自然災害に対し、日頃の備えの重要性を改めて感じます。まずは正確・迅速な情報伝達の手段を確立することで、ある程度の減災の効果があると考え、今年度中に市内78カ所の防災無線の整備に取り組んでいるところです。
交通事故についても、死亡事故が増加しているとのこと。また、高齢者を狙ったニセ電話詐欺被害が依然後を絶たない状況であるようです。
皆さんで支え合い、安全・安心に暮らせるまちづくりを進めていきたいと考えています。
 

12月

花・・・110年の絲 華道家元池坊筑豊支部110周年・青年部創立27周年記念花展

花展2花展1

テープカットの様子

作品一つひとつ解説をしていただきました

12月2日から3日にかけて、若宮コミュニティセンターハートフルにて、「花・・・100年の絲」と題して華道家元池坊筑豊支部110周年・青年部創立27周年記念花展が開催され、お招きいただきました。
テープカットの後、会場に所狭しと飾られた数々の素晴らしい力作を、一つひとつ解説していただきながら鑑賞しました。日本古来の文化を堪能し、心が洗われるひとときとなりました。
 

地域のみなさんによる温かな催しを楽しく鑑賞させていただきました。  笠松なびき展

なびき
12月2日、なびきホールにて、笠松なびき展が行われました。
地域の皆さんの作品、書、絵画、写真、木目込み人形、手芸作品、竹細工、つる細工などが会場いっぱいに展示されており、皆さんとの会話を楽しみながら、一つひとつ鑑賞させていただきました。
 

日本一の大門松が、今年も見事にお目見えしています 第21回日本一の大門松祭

門松2門松1

もちまきの様子

市長あいさつ

12月3日、ドリームホープ若宮横駐車場で、第21回日本一の大門松祭が開催されました。
この大門松は、寒い季節に、のべ300人の皆さんにより手作りされているとのこと。昨年、その功績が評価され、福岡県観光功労者表彰を受賞されました。大変嬉しく思っています。絵馬の絵は宮田東小学校の3・4年生の皆さんが描いてくださり、感謝状が贈られました。
門松は、神様が降りてくる目印だそうです。まだご覧になっていない方は、1月18日までライトアップされる予定ですので、是非一度足を運んでみてくださいね。
 

冷たく澄んだ空気の中、温かな光に包まれました 清水・竹灯籠

竹灯篭1竹灯篭2

一つひとつ灯をともしていきました

会場全体が温かな光に包まれました

12月30日から大晦日にかけて行われた清水「竹灯籠」。今回で7回目の開催となり、この季節の風物詩として定着した様子です。私も毎年楽しく参加させていただいています。
黒丸むらおこしの会を中心に、小・中学生の皆さん、地域の皆さんの手によって手作りされた灯籠が所狭しと並び、訪れた方の手で一つひとつ灯りを灯していきました。
清水寺からの眺望を楽しみ、冷たく澄んだ空気の中、柔らかく温かな光を見つめていると、心が洗われ、新年に向けて気持ちが新たになりました。
 

平成30年1月

未来のなでしこたちが、熱戦を繰り広げました

サッカー
1月7日から8日にかけて、西鞍の丘総合運動公園芝生フィールドを会場に、第28回JFA九州ガールズエイト(U-12)サッカー大会が開催されました。
遠くは沖縄から、九州全県の小学6年生、未来のなでしこ16チームが集い、熱戦を繰り広げました。
小学生年代の活動の集大成として、さらに中学生年代へのステップとして、より高いレベルの技術を学び、讃え合える素晴らしい機会となったのではないかと思いました。
 

大人の仲間入り、おめでとうございます 平成30年成人式

成人式1成人式2

晴れやかな笑顔の新成人たち

市長あいさつの様子

宮若市成人式が1月7日に行われました。会場となった宮田文化センターは、華やかな晴れ着に身を包み、旧友との再会を喜び笑顔に溢れた新成人の姿で賑わいました。
今年宮若市で成人式を迎える新成人は236人。それぞれの進むべき未来の目標に向かって新たな人生のスタートを切って欲しいと願っています。
実行委員長の古野慶人さんをはじめ、成人式実行委員12人の皆さんには、この日のために11月から準備を重ねてきてくださったとのこと。
皆さんの良い思い出となる成人式となったようで、喜ばしい限りです。
 

地域防災の要である消防団 出初式が行われました

デゾメ
1月21日、宮田文化センターで、消防団の仕事始めである消防出初式が行われました。
今年は消防団員312人が参加し、長年にわたって活躍してくださっている優良団員21人が表彰されました。
地域防災力の充実・強化になくてはならない存在である消防団。日頃から、パトロールを行ったり、操法などを通して災害救助に必要な技術を磨いたり、有事の際に備え、地域のために尽くしてくださっています。
 

2月

市政の振興に寄与された方へ 宮若市表彰式

表彰
宮若市の誕生日である2月11日、宮若市表彰式が行われました。
市民表彰では、長年にわたって音楽活動を通じて地域文化の振興に貢献された、加護ひかりさん、宮若市立宮田北小学校の子どもたちのため、多額の寄附をし、教育振興に貢献いただいた、佐伯浩志さん(故人)、長年にわたって宮若市の小中学校へ図書券を寄贈いただき、児童生徒の情操教育の充実に貢献いただいた、飯塚信用金庫さんへ、それぞれ表彰状と記念品が贈られました。
また、長年にわたって民生委員児童委員として、民生の安定と児童福祉の向上に貢献いただいた、山﨑節子さん、北原光昭さんへ、自治振興感謝状と記念品が贈られました。

レフスキー新体操クラブ、宮若東中学校で艶やかな演技を披露

新体操2新体操1

訪問してくださった皆さんと

東中学校で模範演技を見せてくださいました

2月22日、ブルガリア共和国のレフスキー新体操クラブの皆さんが市役所を表敬訪問してくださいました。
一般財団法人サニックススポーツ振興財団と株式会社グローバルアリーナが主催する、サニックスオープン新体操チーム選手権に出場するため、昨年に引き続いての来日でした。
大会を翌日に控え、市長を表敬訪問に来てくださった選手の皆さんは13、14歳の4人。ブルガリアは新体操強豪国として有名ですが、中でもレフスキー新体操クラブは名門で、世界で活躍する代表選手を多く輩出しているのだそうです。
表敬訪問終了後は、宮若東中学校の体育館で全校生徒を前に、フープ、クラブ、ボール、リボンの模範演技と、創作ダンスを披露。艶やかな演技に生徒たちは大きな拍手を送っていました。

福岡よかとこビジネスプランコンテスト大賞受賞おめでとうございます

よかとこ
2月24日に開催された、県が実施している「福岡よかとこビジネスプランコンテスト」で最高賞の大賞を受賞した松尾好紘さんが、受賞の報告に来てくださいました。
このコンテストは、地域課題を解決する新しいビジネスの創出を支援する目的で開かれたもので、松尾さんは、「ひとり親の住まい、仕事、保育をまとめてサポート!!」と題し、ひとり親家庭の自立と定住を促すプランを発表されました。「子どもを一人で育てていく決心と覚悟をもって生きている女性は責任感もあり、環境が整えば素晴らしい人材となります。そんな人たちが生き生きと働き、自立できる手助けをしたい」と松尾さんはこれからスタートする事業への熱い思いを話してくださいました。
 


 








このページに関する
お問い合わせは
(ID:446562)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.