宮若市総合トップへ

山崎の阿弥陀如来像「宮若市指定有形文化財(彫刻)」

最終更新日:

構造・形式・その他の特徴

檜作り、像高52cm、膝幅40cm、肩幅30cm
平安時代末~鎌倉時代初期の作
制作方法-頭と体は一材で彫り出し、体部を前後に割り内刳りしており、のち頭部と体部を接合している。膝部については別材を使うという珍しい作法をしている。

由来、伝説、その他参考となる事項

倉久の地にあった真言宗内山寺は盛時には僧兵3,000人を有した大伽藍であったが、今日では当時の手掛かりはほとんどない。山崎の阿弥陀如来像は内山寺に安置されていたのではないかと思われており、内山寺の確実な資料として最も古いものとされている。


山崎の阿弥陀如来像
このページに関する
お問い合わせは
(ID:443664)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.