宮若市総合トップへ

宮永神楽面「宮若市指定有形民族文化財」

最終更新日:

平成14年、宮永の民家から神楽面10面が収納された神楽面箱が発見されました。安政6年(1859年)に作られたもので、制作年代や制作者、制作にかかわった村人名もわかることなどから、宮若市の有形民俗文化財に指定されています。
箱の大きさは高さ50.5cm、横40.5cm、奥行き25cmで、箱の表面には制作年代などが墨書されています。
神楽面は、前駆、鹿島神、天鈿女命、猿田彦、事代主命、手力雄命、大己貴、四神の青、白、黒で、赤がありません。大きさは平均で縦19cm、横17cmで、すべての面の裏側に「宮永」と線刻され、墨が塗ってあります。そのほか「中宮永」と墨書されていて、「中」は中村のことで、後世に書き加えられたものです。

平の神楽面

平の神楽面は大汝が2面で、元禄2年(1689年)に作られています。表の塗りは赤と黒で、黒は口を閉じ、赤は開いています。

下日吉神社の神楽面

下の日吉神社には八面残されています。神楽に使われたすり鉦が、文久元年(1861年)に湯原村の氏子によって寄進されているため、面もこの時期のものと思われます。

山口八幡宮の神楽面

山口八幡宮の神楽面は、二つの箱に収納されていて、箱書きには「十面」となっていますが、11面あります。各面の裏には、箱書きと同様の神の名と、所有者である「小方」の神職名が墨書してあります。


宮若市を含む旧鞍手郡は江戸時代から郡内の社家によって神楽が奉納されていました。平の神楽面が元禄年間に作られたことからしても、江戸時代初めごろから神楽が舞われていたのでしょう。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:443649)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.