宮若市総合トップへ

福岡藩犬鳴別館「宮若市指定文化財(史跡)」

最終更新日:
犬鳴御別館その1 犬鳴御別館その2


犬鳴御別館(いぬなきごべっかん)は国内外に対する防備のため、有事に備えて藩主をかくまうための逃げ城として築かれました。
険しい山が天然の要害となる犬鳴谷が、加藤司書(かとうししょ)の推挙によって選ばれました。
現在、御別館は、大手門と搦手門跡、高石垣と庭園の池跡が残っています。搦手門周辺からは、福岡藩主黒田の家紋である「巴藤」が刻まれた軒丸瓦や、須恵焼の磁器など出土していて、宮若市の指定史跡になっています。
 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:443643)
宮若市役所 〒823-0011  福岡県宮若市宮田29番地1   Tel:0949-32-0510(代表)   Fax:0949-32-9430  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長

Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.

宮若市役所

〒823-0011 福岡県宮若市宮田29番地1
Tel:0949-32-0510(代表)

【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民生活課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時15分まで時間延長
Copyright (C) 2016 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.