脇田温泉

2015年8月19日更新

歴史の面影を映し、季節が彩りを添える脇田温泉

犬鳴峠のふもとの静かな山あい、遠賀川の支流・犬鳴川沿いに広がる脇田温泉。
泉質は“美肌の湯”といわれる硫黄分を多く含むアルカリ性単純泉。お湯は無色透明で適度なぬめり気があり、入浴後はお肌がツルツル、スベスベになるのが特徴です。
春は桜、新緑がまぶしく、ホタルが舞う夏、秋は紅葉、冬は雪景色。四季折々の風景を眺め感じながら、悠久の時の流れに身を任せて、感動的なひとときをお過ごしください。

 

犬鳴ダム

▲犬鳴ダム

日本一の門松

▲日本一の門松

脇田温泉街の散歩道で涼む、まどろむ、思いを馳せる

脇田温泉界隈には風情豊かな散歩道があります。犬鳴川沿いの「俳句の道」は、毎年、宮若市で行われる「宮若全国俳句大会」の入選作133作を一句ずつ句碑に仕立て、道の脇に設置したものです。周囲の山々や川、田園風景が一句一句に寄り添い、読み手がそっと語りかけてくるかのような錯覚に陥ります。
そのまま川に降りれば、「論語」の一説から名付けられた「楽水之径(らくすいのみち)」へとつながります。温泉街のたもと、川のせせらぎを横目に歩き涼むのにもってこいの遊歩道で、水遊びを楽しむ親子連れの姿もよく見受けられます。ホテル楠水閣からは、市内最大級の大楠が川側に向かって伸びており、間近に見ることも。秋の紅葉もまた一見の価値があります。
また、この一帯は市内でも有数のホタルの鑑賞地としても有名。川のせせらぎに誘われて暗闇に浮かぶ無数の光は、一生忘れられない思い出となることでしょう。川沿いの温泉街ならではのさわやかな空気と静かな趣き。きっとあなたの心と体を癒し、和ませてくれるはずです。

 

俳句の道

▲俳句の道

脇田温泉街の犬鳴川沿い、約2kmにわたって延びる散歩道。かたわたには、宮若全国俳句大会の入選作品を記した句碑が立ち並ぶ(句碑は1年ごとに更新)。

楽水の径

▲楽水の径(らくすいのみち)

ホテル楠水閣そば、座主瀬橋〜脇田橋に設けられた片道560m(徒歩役15分)の遊歩道。自然石を利用した造りで、夏の川遊びが気持ちいい。

喜楽荘(きらくそう)

喜楽荘
収容人数:70名
客室数:13室(和室11室・和洋室2室)
露天風呂(男女各1)・大浴場(男女各1)・サウナ【立寄入浴可】
立寄入浴営業時間:午前11時00分〜午後6時00分(時間内に上がれるよう受付をしてください)
問い合わせ「電話0949−54−0611」

桃源境(とうげんきょう)

桃源境
収容人数:35名
客室:8畳1室・9畳1室・14畳1室・27畳1室・32畳1室
大浴場(男女各1)
問い合わせ「電話0949−54−0322」

湯原荘(ゆばるそう)

湯原荘
収容人数:25名 ※人数要相談
客室数:8室
大浴場(男女各1)
問い合わせ「電話0949−54−0320」

ホテル楠水閣(なんすいかく)

ホテル楠水閣
収容人数:150名
客室数:29室(全館和室)
大浴場(男女各1)・家族風呂「ひだまり」・露天風呂「湯乃褝の里」 【立寄入浴可】
問い合わせ「電話0949−54−0123」

湯乃禅の里(ゆのぜんのさと)

湯乃禅の里
露天風呂:男女計13種
家族の湯ひだまり:5室
営業時間:午前10時00分〜午後11時00分(受付:午後10時まで)
問い合わせ「電話0949−54−0123」

ホテルルートイングランティア若宮

ホテルグランティア若宮
収容人数:126名
客室数:27室
庭園露天風呂:男女各1 大浴場:男女各1 サウナ:男女各1【立寄入浴可】
立寄入浴営業時間:午前10時00分〜24時00分(受付:23時30分)
問い合わせ「電話0949−54−0305」

泉質・効能

泉質アルカリ性単純温泉
効能神経痛・胃腸痛・リウマチ・皮膚病・貧血症など
泉温29度
飲用

脇田温泉へのアクセス

脇田温泉へのアクセス

お問い合わせ

宮若市役所本庁 産業建設部 産業観光課 観光推進係
電話:0949−32−0519
FAX:0949−32−9430
※電話番号、FAX番号のお間違いにご注意ください。

■ホームページに関するお問合せはこちらへ


 

Copyright © 2007 MIYAWAKA CITY ALL Right Reserved.